生活習慣と口腔ケア-PMTC

こんにちは。生活習慣病予防指導士&

ピラティスインストラクターAkemiです☆

 

6月4日から始まる「歯と口の健康週間」を前に、

PMTC(歯のクリーニング)で

伊藤歯科医院様(松山余戸)に伺いました^^

 

産前産後&メディカルピラティスをご受講の方は

口腔ケアのお話は耳タコだと思いますが…

 

PMTCとは?

 

P=Pilates(ピラティス)

M=MasterStretch(マスターストレッチ)

T=training(トレーニング)

C=Class(クラス)     ではなく、

 

P=Professionarl(プロが)

M=Mechanical(専門器具で)

T=Tooth(歯の) 

C=Cleaning(クリーニング) です。

 

歯科医師や歯科衛生士など専門家による

歯の機械的なクリーニングのこと。

 

私はエステや整体を利用することはなく

カラダメンテナンスは自分で行いますが、

唯一、歯のメンテはプロに依頼する必要があります。

 

経験上、クリーニングひとつでも

衛生士さんの技術の差がでやすいため、

引っ越しの度にクリニック選びは慎重に行います(笑)

ピラティスレッスン選びと同じですね。 

 

やっと見つけた歯医者さん♡

よい先生に出会えると人生が大きく変わります。

 

レッスンの合間の慌ただしい来院にもかかわらず

スピーディーかつ確かな技術で歯がピカピカに!

 

年を取っても、元気な方の共通点。

それは、

『お口の中が健康であること!』

 

あなたの周りにこんな方いませんか?

◎噛まずに食べる

◎間食が多い

◎ストレスを溜めている

◎喫煙している

◎睡眠不足である

 

こんな何気ない生活習慣が歯周病を引き起こします。

心当たりがある方は歯医者さんへ(^^♪

 

歯周病の有病率は、なんと、

こどもでも約5割、20歳代で7割、

30~50歳代で8割、60歳代で9割です。

 

歯周病は、単に歯を失うだけの病気ではありません。

歯周病の全身への関与については、

糖尿病をはじめ、脳梗塞、心筋梗塞など指摘されておりますが、

 

特に、妊娠している女性が歯周病に罹患している場合は、

低体重および早産のリスクが7倍も高くなります。

タバコやアルコール、高齢出産よる早産と比較すると

実に高い数値を示します。

 

妊娠中期以降、女性ホルモンの影響により、歯肉炎になり

出産後、歯周病に移行するケースもあります。 

 

全身の健康の原点はお口の中にあります!

定期的な歯のお掃除は歯医者さんへ♪ 

 

PMTC歴10年以上の私にとって

「PMTCって何?」と質問されるといつも驚いてしまうのですが

「ピラティスって何?」と同じぐらいよく質問されます(笑) 

 

ピラティスとPMTCが美と健康を願う皆様の日常になるよう、

これから先も啓蒙していきたいと思います🍀   

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください